スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇剛 00

昇剛のヘルプファイルを転載

終生の友

マカベ サンジュローとトシローは幼いときに孤児になり、生まれ育ったコロニーの陸軍士官学校に入学し、すぐにマカベ兄弟はクラとキャサリンの姉妹と友達になった。クラとキャサリンはコロニーに家族で駐屯する ナサニエル アッカラジュ艦長の娘たちだ。痩せこけてチビのためによくガキ大将にいじめられていたオガタ バクとも友達になった。

弟のサンジュローは何をやっても成功した。賢く明るく自信に溢れ、ユーモアのセンスもあったので人気があった。一方、兄のトシローは両親を失ったことに深く傷ついていた。弟よりも悪がしこく慎重派で、口数が少ないために友達ができにくい性格だった。子供なら誰でも感ずるように、トシローは弟の人に好かれ社交的な性格をうらやましく思っていた。特に、サンジュローの魅力による人気を憎んでいた。

クラとサンジュローは憎しみあいながらも愛し合うようになった。彼らはお互いにからかったりいじめあったりしていたが、それは単に手の込んだ未熟なじゃれあいともいうべき愛情表現でしかなかった。結局、周囲のほとんどが早くから見抜いていたとおり、2人は恋人同士になった。

サンジュローと仲間たちが士官学校を卒業してまもなく、アッカラジュ艦長の妻がコロニーでの襲撃によって死んだ。状況は複雑だった。アッカラジュは妻の危機を知っていたが、戦線にとどまることを選んだのだった。彼は妻を捜索するために司令官代理の派遣を依頼したが、要求は却下された。娘たちが会いに来て母を助けるよう懇願したが、アッカラジュは軍の命令に背くことを拒んだ。妻の死を知ったときアッカラジュは深い後悔と悲嘆にひとり耐え忍ばなければならなかった。そんな父をクラは人殺し、臆病者とののしった。アッカラジュは父親として、弁解などは一切せず、ただ娘の気が済むまでののしらせた。

一方、キャサリンの反応はクラとは対照的であった。父が母を助け出そうとしたところで、結局母と同様に敵に殺されてしまうことがわかっていたので、決して父を非難したりしなかった。ところが、軍隊でのキャリアに急に嫌気がさしてしまっていた。彼女は人類に対して決して武器を使わないと誓い、UCASF に非戦闘員として参加することになった。

アッカラジュはコロニー攻撃中の勇気と軍に対する忠誠を評価され、UCA の旗艦 UCASF「ラバイアサン」号の艦長に任命され、提督に命ぜられた。彼のキャリアにおける重大な瞬間は、彼の私生活をも決定づけた瞬間でもあった。アッカラジュは UCA で一層忠実に任務に携わるようになっっていった。

クロヌス革命が勃発し、UCASF 総司令官の指令によりアッカラジュ提督はクロヌスに派遣されることになった。
クロヌス革命

一見したところ、惑星クロヌス(学術的には 46CronusD と呼ばれ、ほとんど滅亡しかけているクロヌスと呼ばれる太陽系の第 4 惑星のことを言う)は人類の未来に重要な役割を果たすなどとは信じられないような惑星だ。この惑星の環境は過酷で、不毛で有毒な大気に包まれ、火山活動と地震が絶え間なく起こっている。何百、何千とある小惑星や月ではありふれた鉱物をごく簡単に採掘でき、ほんの少数の人類によるコロニーの世界がちらほらとあるだけの何の変哲もない惑星だ。

ところが、科学データ採集外宇宙観測プローブが資料分類の目的でこの太陽系に送られたとき、土壌のサンプルから化学的に重要な有機資源が発見された。そこで、3 つの巨大企業 (アンドラ社、ATC社、SHOGOインダストリー) により United Corporate Authority (UCA) が設立され、ジョイント ベンチャーとして探検隊がクロヌスに派遣された。

到着後、まもなく探検隊は有機物質が豊富に埋蔵されているのを発見した。この物質は発見した宇宙探査装置(SHOGO DSP Katoki)にちなんで KATO と命名された。

KATO エネルギーの利用法が明らかになり、銀河宇宙の移動方法が永遠に変貌を遂げるのは、10 年以上先のことであるが...



巨大企業と UCA

クロヌス探検に貢献した各巨大企業には、それぞれに別の思惑があった。アンドラ社 は 21 世紀初めにナタリヤ アンドロポフによりモスクワで創設された。アンドロポフはヒトのゲノム プロジェクトで著名な研究者であり、アンドラ社は遺伝子工学、サイバネティックス、機械工学の多方面に技術を持つ企業に発展していった。この企業の製品には、医療生物工学技術、サイバネティックス的に補助された補綴物製造、そしてロボット制御の移動機関車両(MEV)がある。MEV は建設工事、採鉱(地上あるいは他の採掘方法)、打ち壊しに使用される。また、同企業は初期の移動装甲戦闘部隊 (MCA) と武器の研究開発に携わった。

SHOGOインダストリー は日本の会社で、出版テクノロジーから子供服の製造まで幅広く扱っている。MEV や MCA の台頭に呼応して自社製の最新鋭巨大メカ装備スーツの市場投入を開始した。SHOGOのデザインは機能性と審美性の両面から広く一般に受け入れられた。SHOGOは優れた宇宙製品系列とマイクロ コンピュータ技術を持つことでも知られている。

ATC社 は民営人工衛星や地上通信システムの製造業者として発足した会社だ。以後民間や軍用車両、音響機器、セキュリティ システムの製造などの事業拡大を図り、当然のように、MEV
や MCA テクノロジーも手がけ始めた。同社の MCA(MEV ラインはいくつかの初期実験後中止された)はただちにプライベート セクターや多くの軍事組織から注目を浴びるようになった。競争他社の製品に比べ、より滑らかでセクシーなデザインのATC社 の MCA は今でも最も印象的な MCA とみなされている。もちろん、外観だけが優れた機能性のないものは使いものにならないが、
ATC社 製のものは機能性も十分備えている。アンドラ社 の MCA ほど耐久性はなく、SHOGOの MCA ほど洗練されてはいないが、ATC社 のデザインは信頼性に優れ頑丈である。

UCA はもともと 3 つの巨大企業が収益面での継続的な繁栄を図る目的でジョイント ベンチャーとして設立されたが、その後まもなく独立した。独立以前、惑星間貿易の主要な取締機関の役割を果たしていた UCA は、急速に官僚的な体質にふくれあがっていった。UCA はまもなく United Corporate Authority Security Force (UCASF) を創設し、すぐに支配的な軍事力を持つ存在と変わっていった。以後 10 年の間に宇宙船、飛行機、地上ベースの車両、MCA の製造に携わることになった。UCA の MCA 市場への初期参入はあまり受け入れられなかったが、後続のモデルでは特に Defender (ディフェンダ)と Enforcer (エンフォーサ) は発売されている MCA の中でも最高の性能と評価されるまでなった。

KATO エネルギー

KATO エネルギーがとりわけ魅力的で有用な理由は、化学成分が非常に変わっているからだ。KATOはもともと、その有機的な特性のために太古の生物のなごりである石油に匹敵するかと思われていた。ところが調査の結果 KATOは藻類程度にしか知覚力がない、生命体として生きていることが判明した。

KATO の重要性は高温に対する反応にある。KATOを燃やすと、反応がとまるまでに再構成の何段階かの過程を経過する。それぞれの過程では莫大な量のエネルギーを発生し、亜原子レベルで起こる変化がもっとも有益なことが判明した。

化学分解の段階で KATO はタキオン界磁を発し、界磁内にある物体 (車両など) をトンネル化する (ある場所から別の場所に移動するとき、その間の空間の各インクリメントを通過しないで移動する) 。その結果、超光速スピードで移動できるようになり、いわゆるワープができるのである。KATOエネルギーなしでの銀河の移動は、ニューヨークとロサンジェルス間をコンコルドで行き来するのに比べ、歩くように遅いものとなる。KATOエネルギーは銀河の移動には間違いなく不可欠なものとなるであろう。

惑星クロヌスの発展

惑星クロヌスの人口は、最初の地下コロニー都市アベルヌスが一連の大地震により荒廃し、多くの人々が発展中のマリトロパ市に移住したときでさえも、着実に、しかも急速に増加した。
アベルヌス市は廃虚と化したが、地熱エネルギーが街灯、暖房ダクト、大気圧調整装置、水栽培農場、液化集電装置に動力を供給して都市に生命線を供給し続けていたため、独自の不気味な街となった。この都市にとどまった少数の人々は、最低限のメンテナンスと修理で生活を維持することができた。

この都市の残留組(浮浪者と呼ばれた)の多くは、長時間にわたる過酷な労働条件下で働かされ KATO の原料にさらされたために精神的に荒廃してしまった元鉱山労働者であった。長時間 KATOに接触すると、ごくわずかでも防護されていない肉体は腐食し、呼吸器系疾患や発疹などの症状を呈しついには盲目に至ることが実証されている。「浮浪者」はもともとアベルヌス市に残留した人々を指すことばだったが、次第に意味が拡張され、このような障害に苦しむ人々の総称として使われるようになった。

シャイニング シティ

廃虚と化した姉妹都市アベルヌスとはうってかわり、マリトロパ市は設立のときからさまざまな住民に他の比較的活気のあるコロニー社会が慣れ親しんでいたあらゆる贅沢を提供できる活気ある主要都市として意図されていた。巨大な曲がりくねった強化洞窟システムで構成されるマリトロパ市は、草木がしげり、人工灯に照らされ、コスモポリタン ライフを約束する場所となっていた。

自ら課した栄華のためマリトロパ市はユートピアのように見えるが実際はそうではなかった。特権階級が洞窟の天井からつるされたひと続きの建物があるキャノピー居住区に移動したため、都市の下層部は次第に荒廃しはじめた。電流を流すと伸張性を異常に発揮するArmacham 製のStion凵iスチオン)と呼ばれる素材をもとに、負荷に対する耐久性に優れたサポート構造が考案された。スラム街から眺めると、階層構造のマリトロパ社会の皮肉な一面を見ることができる。

革命の兆しが見え始める頃、クロヌスの行政組織であるクロヌス鉱業組合 (CMC) は UCA とその企業目的からの独立を熱望していた。KATO エネルギーの重要性は CMC にとって強力な交渉の切り札となると同時にクロヌスの軍事力の弱さをカバーする役割を果たしていた。そこで、 CMC は アンドラ社と秘密協定を結び軍事力強化に乗り出した。

もちろん、UCA は CMC の軍事力強化に気づいてはいたが、アッカラジュはCMC には干渉しないように命令されていた。軍上層部の連中は明らかに CMC の軍事力を過小評価していたのだった。

CMC が公式に独立宣言を発して宣言書を公布する予定のわずか 2 時間前に大規模な雇兵艦隊が惑星に到着し、UCA は不意打ちを受け激しい攻撃の中クロヌスから撤退を強いられた。

その後1年半、UCA はクロヌス側の首謀者を排除してひそかにレジスタンスを粉砕する計画に基づいて一連の秘密軍事行動を実行した。
全体の成功確率はわずかだったが、最終的には計画が成功し、クロヌス側が和平協議に合意することになった。

Fallen (フォーレン)と名乗るテロリスト グループが出現したのはこの時期である。彼らの最初の攻撃はUCA の CMC に対する信頼を害するための企てであり、和平協定の手続きを遅らせるほどの打撃を与えた。テロリストの存在が確認されたときCMC はテロリスト グループを検挙するために UCA に援助を求めた。

悲惨なアクシデント

この時期サンジュローは司令官に昇進していた。彼はトシロー、バク、クラで編成された分隊を率いてマリトロパ市の襲撃中に得た情報をもとにフォーレンのリーダーを探すためアベルヌスへ出動した。この任務遂行中にアクシデントが起こり、トシロー、クラ、バクが行方不明となり死亡したと報告された。
以下は事件発生後の調査報告の記録である。


ブラウン司令官: 君の報告書には発砲されたとある。「想像を絶するほど強力なエネルギーの武器に対して」とあるが・
サンジュロー: そのとおりです。

ブラウン司令官: 君の記憶によると、MCA の中で地面に倒れていたところを起き上がった時、カメラ システムは機能していなかったとあるが…

サンジュロー: そうです。この部分は前に確認したじゃありませんか。

ブラン司令官: サンジュロー、これは規定だ。で、次に起こったのは?

サンジュロー: 前にも言いましたが、妙なお経のような声が聞こえてきました。

ブラウン司令官: その声はトシローの声だと認めたね。それは君の兄さんだね。

サンジュロー: 兄の声のようでしたが、よく見えなかったので確かではありません。

ブラウン司令官: 君がクラ アッカラジュ司令官に発砲したのはそのときだね。

サンジュロー: 私は彼女に「発砲」してはいない。Assassin (アサシン) だと判断したから発砲したのだ。音がしたので向き直った。そのとき、彼女は前かがみだったので、彼女の頭は見えなかった。Assassin (アサシン) だと思ったんです。

ブラウン司令官: サンジュロー、SHOGO Assassin MCA (アサシン) は UCA Enforcer (エンフォーサ) とは似ても似つかない。この 2 種のマシンを区別できなかったなんて信じられないね。

サンジュロー: 何度も言うように、カメラ システムが壊れていたんだ・

ブラウン司令官: それで、何も考えずに発砲したのだね。結果を考えずに。

サンジュロー: ...そうです。

ブラウン司令官: クラ アッカラジュ司令官は撃ち返しましたか。

サンジュロー: いいえ。

ブラウン司令官: それでも、君は発砲し続けた・

サンジュロー: 振り向くとAssassin (アサシン) が見えたので発砲しました。クラの戦闘マシンではなかったので、彼女とは思いもしなかった。

ブラウン司令官: 君はそのように報告したが。

サンジュロー: 私は彼女を愛していた。私には大切な人を撃つような趣味はありません。

ブラウン司令官: サンジュロー、このインタビューでの君の態度は記録されるのだよ。

サンジュロー: これがインタビューですか? 尋問のように感じられますが。

ブラウン司令官: いつ君は兄に殴られましたか。

サンジュロー: クラを撃った直後です。兄に倒されました。

ブラウン司令官: 彼は何か言いましたか。

サンジュロー: ただ、同じことを繰り返し唱えているだけでした。わけのわからないことを言っていました。

ブラウン司令官: 次にどうなりましたか。

サンジュロー: 震動が起こったとき、トシローが私に向けて発砲しようとしていたところでした。地面が裂けて彼らはのみこまれてしまった。たったそれだけで、みんないなくなりました。

ブラウン司令官: それから君はどうしましたか。

サンジュロー: もっとよく見えるように亀裂のそばまで行きました。

ブラウン司令官: MCA のカメラ システムが損われているのに、亀裂に近づくのは危険だとは思わなかったのかね。

サンジュロー: そんなこと気にもとめませんでした。

ブラウン司令官: しかし...

サンジュロー: 私の人生で最も大切な 3 人が・いなくなった。司令官、いなくなってしまったんです。



その後

サンジュローはアベルヌスの悲惨な事件から立ち直れないでいた。「戦闘中に受けた深刻な心理的ストレスのため、パイロットとして責任のある態度で任務遂行することは不可能である」として仮採用に降格された。彼は精神的外傷後遺症ストレス障害 (PTSD) と診断され、定期的な健康診断と精神分析が必要とされた。

サンジュローは時間の多くをキャサリンと過ごした。キャサリンは彼を苦い体験から立ち直る助けとなってくれ、サンジュローは彼女に母を失った深い悲しみを乗り越える勇気と力を与えた。やがて、慰め合う関係から愛情に変わっていった。キャサリンはいつもサンジュローへの深い愛情を抱いていたが、彼のキャサリンに対する愛情はロマンスよりもどうしようもない必要性のようなものに根ざしていることも理解していた。時間が彼の悲しみを和らげて彼女を愛するようになることを願っていた。

ガブリエルの出現

その間、フォーレンは一層勢力を増し、結束を一層固めた。軍事諜報機関によると、フォーレンのこの変貌はアベルヌスの紛争で殺されたイヴァン イザレビッチの後任として選任された新しいリーダーに起因するという。ガブリエルとしてしか知られていないこの新リーダーは、分裂していたフォーレンを CMC にとって大きな脅威となる戦闘力になるまでまとめあげた人物だ。

以下は惑星クロヌスとその軌道周辺の人々に向けたガブリエルの声明の抜粋である。

「われわれ、祖先の故郷である地球から分かれた子供たちよ。われわれは 「コス族」の正統な相続人であり、財産管理者である。われわれは、これ以上コス族に対する搾取に堪え忍ぶことはできない。もうコス族に残された財産を略奪することを許すことはできない。コス族の意思に背く者は抹殺されなければならない。みずから去る者はわれわれの祝福を受けるであろう。とどまる者は滅びる運命にある」

フォーレンの生存能力に関する決定的な証拠は、遠方の防護された CMC 地質学ステーションを占領したあと、数時間後に伝えられた。CMC 軍は分裂し、3 分の 1 近くの兵士がガブリエルとフォーレンに忠誠を誓うようになった。

続いて起こった大混乱は、UCA にさまざまなチャンスと問題を同時にもたらした。アッカラジュの主な指令は、クロヌスを UCAに取りもどし、それによって引き続き KATO の採鉱を確保することであった。UCA と CMC の協定はとりわけ双方で納得するような案には至らなかったが、それでも歩み寄りの土台となった。

CMC は自らの部分的崩壊の窮地に立たされ、狂信的な武装集団がマリトロパ市への大惨事を予言する大規模な襲撃を準備している間、状況は短期間のうちに激変していた。UCA と CMC
はいずれもクロヌス (あるいはフォーレンが称する「コス族」) を放棄しようとはしなかった。

しかし、自衛できないほど衰弱していたCMCは、結局崩壊することになるだろう。CMC の窮地は UCA にとってある程度有利な立場に立つ結果になった。

その間、UCA は干渉策を実行し、フォーレンを征服することができるのだが、フォーレン軍の狂信ぶりと新たに発見された戒律を考慮すると、クロヌスの戦争は多くの犠牲者を出し、好ましくない結果につながる可能性が十分にあった。

アッカラジュ提督による UCA 総司令官への提議は簡単だった。「いかなる手段を使ってでもガブリエルを抹殺しフォーレンの自滅を待つ」テロリストを団結して戦闘力にしているのはガブリエルただひとりであるからだと提督は主張した。また、ガブリエルのカリスマ性こそが、クロヌス民兵の 3 分の 1 を惹きつけて CMC から離脱させたのだ。ガブリエルがどうやって人々を洗脳したかはかわらないが、その効果は明白である。彼の抹殺こそフォーレン崩壊のカギとなるのだ。

ガブリエル打倒の計画は討議されずに裁決され、詳細はアッカラジュ提督に委ねられた。アッカラジュは誰を任命するか決めるだけでよかった。彼はサンジュローを選んだ。

コメントの投稿

非公開コメント

1031のつぶやき
ギルド・本棚・DLO目次・蒸気
rds1031村
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。